ヨガ教室で起業する費用、ヨガスタジオ開業のコスト見積り(賃貸契約編)

ヨガ教室で起業する費用、ヨガスタジオ開業のコスト見積り(賃貸契約編)

ヨガスタジオ ウェルスタ

ヨガスタジオの説明

今回はヨガ教室で起業するにあたり、かかるコストを公開いたします。
こちらの情報は現在も運営しているヨガ教室より情報提供して頂きました。
↓より、ヨガスタジオ運営者さんに内容を書いていただきました。
↓ ↓ ↓

2016年11月にヨガ教室をオープンし、現在110名の生徒さんがいます。
自己資金は無かったので、日本政策金融公庫より500万円の借入金をしました。

借入金をしました。
スタジオ立地はマンション1、2階にある商業施設の2階部分で、
1階は薬局や、学習塾、美容室、ケーキ屋さんが入っています。
2階には青年会議所、ヤマハ音楽教室、フィットネススタジオなどが入っています。

スタジオ家賃は月172,800円です。

駅からは遠く2階で目立たないため、あまり良い立地とは言えませんが、
マンションが多く、見込み客となる平日昼間に時間のある女性で、
30~50代の方が多く居住されています。

費用について賃貸契約、スタジオ内装工事費用と、どこからどのように借入金をして、
返済をしているのかなど、ヨガで起業するにあたり気になるお金の事を2ページにわたり、
書かせていただいております。
契約費用が高かった

その1、賃貸契約 敷金、礼金、仲介手数料だけで、518,400円!!

敷金172,800
礼金172,800
仲介手数料172,800
事務手数料1,000

合計518,400円

初月9月分の家賃はサービスして頂けましたがヨガスタジオ内装工事に2か月かかりました。
運営サイドの予定では10月オープンだったのですが予定よりも工事が長引いてしまいました。
ですので家賃1か月分172,800円は何もせぬまま消えてしまいました
内装工事の日数
時間の読みが甘くてこの時はかなり悔しかったですね。
このような状態でした↓↓
ヨガスタジオ工事中

ヨガスタジオの内装工事の費用については次のページで書かせていただきます。

↓ ↓
ヨガスタジオの内装工事の費用について

 

 

あなたの1年後はどちらですか?

1.新規の集客が全くできず、
貯金が底をついてしまう。
借金を抱えて会社員に逆戻り。
集客失敗

2.多くの新規のお客様に来てもらい、
売上が増え、やりがいも感じる。
周りの起業家から尊敬される。集客成功例

集客の問題解決はこちら