学習塾の集客方法4つ & 基本のマーケティング

どんな教室でも集客が一番大事な業務です

集客できないと

事業に失敗する
内容も大事ですが、やはり集客マーケティングが一番です。
良いサービスを展開していても、体験してもらわなければ、
サービスの質を知ってもらう事ができません。

体験に来ていただいて、入会するかの判断材料として、
サービス内容、店舗の雰囲気、真面目さ、清潔さなどが必要で、
クロージングトークも含めてこれらはセールス業務になります。

その前段階で一体どれだけの人数にリーチできるかが重要です。

新規狙いも重要ですが、すでに塾に通っている子が多いと思うので、
乗り換えなどのキャンペーンや他の塾、大手の塾との違い、
転校してもらえる様な魅力や特色を出しましょう。
狭い学区内のエリアで限られた人数の取り合いとなります。

塾の見込み客にリーチする為の手法は色々あります。

・チラシ配り
・ポスティング
・ホームページ
・SNS
・口コミ

チラシ配り

これはズバリ、ターゲットに直接渡します。
必ず許可を得る事が前提となりますが、小学生、中学生に渡せるように、
学校の付近でチラシ配りをさせてもらう。
消しゴムなどのオマケを付けるとチラシをもらってくれる率が格段に上がります。

ポスティング

一般的に反響は1000枚に1件と言われています。
どの家に対象者がいるかわからないので無駄の多い作業になり、
コストも高めになってしまいます。

SNS

フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアを使った宣伝活動。
ページを作って放置では誰も見てくれません。
SNS内の広告を使うことによって効果を発揮します。
広告のターゲット設定で子供の有無、年齢なども指定可能です。

ホームページ

絶対にあった方が良いです。何も気にせず制作しても誰も見てくれないので、
検索してくれるようなキーワードを盛り込み、そして見てくれた人が離脱しないように、
分かりやすく、特徴を伝えるように作る必要があります。
ファーストビューがとても大事です。

口コミ

口コミは一度来てくれた方から起こるものなので二次マーケティングあたります。

 

塾の集客方法-おすすめは「チラシ配り」です。

直接ターゲットにリーチできる手法で、
そして、そのチラシを親に見せてもらう必要があります。

そこで重要なのがデザイン。効果にかなり差が出てきます。
反応率の高いものをイメージして制作しましょう。

ホームページやSNSなどはあった方が良いですが、
チラシ配り+アルファで考えてもいいと思います。
とにかく毎日配りましょう。

一方、ヨガ教室やテニス教室、ゴルフレッスンなどは、
ホームページ + グーグル広告、フェイスブック&インスタ広告などが効果的です。

 

あなたの1年後はどちらですか?

1.新規の集客が全くできず、
貯金が底をついてしまう。
借金を抱えて会社員に逆戻り。
集客失敗

2.多くの新規のお客様に来てもらい、
売上が増え、やりがいも感じる。
周りの起業家から尊敬される。集客成功例

集客の問題解決はこちら